志望動機を上手に書くコツ|中学受験を突破していこう【志望動機の重要性も知る】

志望動機文が上達したい方は必見!上手く書くポイントを見る

志望動機を上手に書くコツ

履歴書

志望動機の書き方

よく志望動機の書き方が分からないとの声を聞きますが、深く考えることはありません。志望動機文は基本的に作文や小論文と同じような書き方で問題ないです。あとは、志望校に対する熱意や志望したきっかけなどを自分の言葉で上手くまとめていけば良いのです。その際に自己アピールを忘れないことが大事ですよ。

段落構成が重要

志望動機を書くにあたって、段落構成が重要でしょう。何もまとめずに急に書き始めたら、最終的にどのような内容を書けばいいのか自分でも分からなくなってしまいます。そのため、書く前は必ず段落構成メモを取ることです。「志望理由」「結論」などと軽く書きたい内容や構成の仕方をメモするだけで、想像以上に書きやすくなりますよ。

書き終わったら添削をしてもらう

練習で志望動機を書いたら終わりではありません。書き終わったら、ちゃんと添削してもらうことが肝心ですよ。学校の国語の先生などにお願いして添削してもらいましょう。添削をすることで、自分では見えてこない欠点や文章のクセなどを知ることが出来ます。そして、アドバイスをもらってより質の良い志望動機を書くためのステップになります。

早い段階から対策をする

初めから上手な志望動機を書ける人はあまりいません。みんな何回も練習して書いて上達しているのです。そのため、志望動機は半年前から対策を取っていた方が良いでしょう。遅くても3か月前には取り組んでおくべきです。早めに対策をすることで、良い志望動機が書けるようになりますよ。