志望動機で書くポイント|中学受験を突破していこう【志望動機の重要性も知る】

志望動機で書いてほしい点などをチェックしよう

志望動機で書くポイント

文房具

入学を希望した動機・意思

受験の際に書く必要がある志望動機は、まず志望校に対する入学動機や意思をきちんと伝える必要があります。そのため、なぜこの学校に入学したいのか、志望するきっかけや理由をきちんと書けるようにしましょう。その際はありきたりなことを書くのではなくて、自分の言葉で表現していくことですよ。

どのような学校生活を送りたいか

志望校の面接官は、受験生がこの学校に入学してどのようなことをやっていくのかとの点に注目しています。そこで、志望校に入学したらどのような学校生活を過ごしていくことについて明確なビジョンを持つと良いです。志望動機では、主にこれらの内容を上手く混ぜて文章を完成させる必要があります。

印象が良い志望動機文を書くためのポイントBEST5

no.1

具体的に書いていく

志望動機の印象をアップさせるためにも、自分の体験談などをたくさん入れて、具体的に書いていくと良いでしょう。そうすることで、他の志望動機内容と被ることはありませんし、差別化も図れますよ。

no.2

伝えたいポイントをまとめる

色々と書きたいことを詰めると、結局言いたいことが伝わらない曖昧な志望動機になってしまう確率が高いです。そのため、事前に伝えたいポイントを絞っておき、それを重点において書くことです。

no.3

自己アピールは忘れずに

志望校に対するアピールも大事ですが、同時に自己アピールも書かないといけません。志望動機文を読んでいる相手に自分をアピールさせるために重要でしょう。そこで、実際に会ってみたいと思わせる自己アピールをしていくことです。

no.4

志望校でやりたいことを書く

意外とよく出来ていないのが、この志望校でやりたいことを書くことです。たまに正直に書きすぎる人もいますが、ちゃんとこの学校でしか出来ないことを書いていくことがポイントです。具体的に書くほど良いですよ。

no.5

ルールはしっかりと守る

志望動機を書いていく上で、書き方のルールを守っていくことは重要です。ルールに沿って書いていないと良い印象はありません。文体は統一することや話し言葉は使用しないなどのルールがあります。

自己分析はしっかりと行なうべし!

志望動機を書く際に、自分のことを把握していないと上手く書くことが出来ません。自分の性格や何をしてきたかなどをちゃんと理解することで、自然と志望動機も書けるでしょう。そのため、自己分析をすることはとても大事ですよ。